0120-441-370 受付時間 平日 10:00-19:00
menu

ICT×講師の「ハイブリッド授業」に移行し、収益率を20%改善する方法

学習塾経営において、下記のようなお悩みはありませんか?

・ブラックアルバイト問題の深刻化で、アルバイト講師が集まらない
・アルバイトの採用費、人件費が高騰し、収益性が悪化している
・eラーニング教材の活用イメージがまだ浮かんでない
・eラーニング教材の導入に保護者が賛同してくれるかが不安

学習塾業界の競争が激化している中、収益性を改善するというのは塾経営における最も大きな課題です。その課題に切り込むためには、コストの中でも大きな割合を占めている「アルバイト人件費」について抜本的に見直す必要があるのです。

また、アルバイト人件費を見直す最も効果的な方法でもある「eラーニング教材の活用」が当たり前になりつつありますが、その導入にはいくつかの壁があります。また、安易にeラーニングへと切り替えてしまったことでとりかえしのつかない失敗をしてしまうケースもあります。

収益改善には優先順位がある

収益を改善するには、「コスト削減」を行うか「売上拡大」を行うかのどちらか、もしくは両方が必要となります。では、「コスト削減」と「売上拡大」のどちらを先に着手すればよいでしょうか。この優先順位は、業界や競合の状況、収支の構成などによって変わってきますが、学習塾、特に個別指導塾に関して言えば「コスト削減」を先に行うのが得策です。
以前は「個別指導」という名前だけで、保護者は「他とは違う」「手厚い指導が受けられる」と注目をしてくれていましたが、今はそれが当たり前になってしまっており、「個別指導」というだけでは差別化につながらなくなっています。それ故、「売上拡大」を行うために生徒募集を行おうと思っても、なかなか結果が出ず効率が落ちてきているのです。そうした状況では、まずはコストを抑えることで収益を改善した方が効率的なのです。経費90%、利益10%という構成であれば、経費を80%にすれば利益は20%と2倍になります。しかし、売上を拡大することで利益を伸ばそうと思うと、更にそのために経費もかけざるを得ず、場合によってはマイナスに転じてしまう危険性もあるのです。

経費を従来の約88%に抑えると、利益が従来の200%に増加する。

自塾の経営を現状分析してみる

まずは、今自分自身の塾の経営がどうなっているのかを、下記の項目を参考にチェックしてみましょう。

低学力生徒の家庭学習

<収益改善チェック>

  • 営業利益率は何%ですか?
  • 生徒の月謝単価はいくらですか?
  • 売上に占める人件費の割合は何%ですかか?

収益率を20%改善する!塾経営ノウハウ無料セミナー

弊社では、eラーニング教材を活用して塾経営の収益改善を図るための無料セミナーを実施しております。上記のチェックリストを基に、塾の収益改善のために何をするべきなのか?といったことについても、具体例を交えながら詳しく解説をしております。
セミナーの主な内容は、下記のようになります。

塾経営ノウハウセミナーの様子
  1. 従来型の個別指導塾の抱える重大な問題点とは?
  2. 学習塾の「ブラックアルバイト問題」に対応!人件費ゼロで塾運営し、生徒10名でコストペイするための塾経営改革法
  3. 収益アップを図るためのチェックリスト
  4. eラーニング教材導入のための正しい準備方法
  5. 失敗しないeラーニング教材の選び方
  6. 低学力の生徒でも成績を上げる、塾オペレーションの秘訣
0120-441-370 受付時間 平日 10:00-19:00